kei@のブログ

kei@のブログ
たぶん日常。きっと日常。 アートとか音楽とか旅とか ~日々の記録~

2017年6月7日水曜日

EUフィルムデーズ2017 パティーとの二十一夜


パティーとの二十一夜
フランス





原題: 21 nuits avec Pattie
英語タイトル: 21 nights with Pattie
監督: アルノー&ジャン=マリー・ラリユー
製作年: 2015年
上映時間: 115分
製作国: フランス
言語: フランス語(日本語字幕)
ジャンル:ドラマ、コメディ
盛夏。キャロリーヌは疎遠であった母が亡くなったとの報せを受け、パリから南仏の小さな村に赴く。母が遺した家に着くと、管理人のパティーが出迎えてくれた。2人で散歩に出かけるが母の話もそこそこに、パティーは自分の性生活を赤裸々に語り始め、奥手のキャロリーヌは唖然とするばかり。そんな不思議な出会いの中、母の遺体が消えてしまう…。エロスとタナトスへのおおらかな賛辞に満ちた大人のコメディドラマ。



TIFFでも上映された作品ですね。

坂本安美さん(アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)のトークが、
上映後にありました。


この方も、「ザ・おフランス」って感じの人だった。







スペインの国境近くのオクシタニ地方の
カスタン村?という人口108人の村での撮影とのこと。

2016年1月1日にフランスで州合併が行われ、モンペリエを州都とするラングドック・ルシヨン州と、トゥールーズを州都とするミディ・ピレネー州が合併し、現在のオクシタニ州(州都はトゥールーズ)となった。